薬剤師:求人の条件とは?

薬学部で学んでも薬剤師になれないことがある?

親が将来なって欲しいと願う職業ラインキング上位、薬剤師薬学部で学んでも薬剤師になれないことがある?

理由は上記のように、国立または私立の薬学部を卒業していなければ、国家資格である薬剤師の試験すら受けることが出来ないためです。
そのため、もし、お金があるのならば若干は別ですが、お金があまりなく、なおかつ学歴が余程に高くない場合、または余程に高くなかった場合には、難関とされるものの、授業料は安いと同時にエリートとされる国立大学の薬学部には、入学することは不可能です。
ただ、例えば東大などを一度出てから、気が変わって、国立の薬学部を受ける、というような方は1度で合格し、6年間学んだあとに、すぐに勤務をすることも可能になっています。
そして実は、薬学部を出ていても、必ず薬剤師の免許を持っているとは限らないのです。
これに関しては、国立大学でも有名な薬学部であり、例えば富山大学の薬学部の場合には、まず入学をするだけでも、大変な倍率をくぐり抜けなければならないほど、やはり国立の薬学部は大人気であり、倍率も大変に厳しいものですが、それではなぜ、薬学部でありながらも、卒業した後に、その免許をもらうことが出来ないのか?という点について説明をさせていただきます。
これは、国立大学に多い傾向とされており、免許を取得するためのコースと、それとは別に、薬学について、つまり新しい新薬などについての薬の研究などをしたい、と希望をする方のためのコースとに分かれているからです。
そのため、仮に薬学部を卒業しても、免許の方のコースを選択したなかった場合には、当然ながら、「薬剤師」になるための授業を全て履修した、というわけではないため、国家試験を受験することは出来ません。
そのために、免許がなければ、いくら求人募集があっても、その条件を満たすことは出来ないのです。
しかし、実際には、このような研究コースに進む方の場合には、製薬会社などからの求人があり、そちらの就職先に行く、というけケースが多いとされています。
そのため、薬局などに勤務を行って、仕事をしているよりも、研究・開発などの分野に行きたい、と考えている方の場合には、薬学部で学んだ知識、というものが重要であり、免許は関係ない、という考え方をされている方も多いです。